振袖で大和なでしこに!

レンタル振袖で大和撫子

今となっては振袖はレンタルして、成人式に着る着物として親しまれています。ですが、振袖とは成人式だけに着るものではなく日常でも着ることができる着物なのです。また、この振袖には種類もあり、がらや色も様々なものがあります。今回はこの振袖について紹介していきます。

振袖にも種類がある!?

今やレンタルして成人式でしかほとんど着ることのなくなった振袖にも種類があります。この振袖の種類は3種類に分けられており、一番袖が長い物が大振袖二番目に短い物が中振り袖一番短い物が小振り袖と呼ばれています。この袖の長さで格式がわかるためどういうときにどの振り袖を着るのが望ましいのか覚えておくといざ着るときに恥ずかしい思いをせずに済みます。まず、大振袖は、一番格式が高く長さが三尺三寸現代でいうと114センチほどの長さになります。こちらは袖の長さがくるぶしまでくる振袖で本振り袖とも呼ばれ、結婚式や成人式にも着られています。
次に、中振り袖は袖の長さが二尺八寸で現代でいうと100センチ前後の長さになります。この振袖は成人式ではメジャーな長さの振袖になっています。
最期に小振り袖です。小振り袖は、袖の長さが二尺三寸で約80センチの振袖になり、この振袖はちょっとしたお出かけなどで使われる振袖になります。

人気の色は?

振袖などの着物は何より色が鮮やかなものが多いことが特徴的です。特に振袖は鮮やかで目を引く色のものが多いです。実際どのような色のものが人気なのか紹介します。まず、一番人気は赤色です。こちらはどの年代の成人式でも必ず着ている人がいる色になります。この赤は、成人式では重宝される色であり、日本はもともと赤がめでたい色として親しまれてきたため根強い人気が続いています。
二番目はピンク色です。やはり、女の子らしさの代表ともいえるピンクは女性の着る衣装としてここでも根強い人気が続いています。また、ピンクはピンクでも様々な色合いのものがあり、淡い野菜色のものから少し濃い目の活発な印象を持つような色合いまで様々な色合いがあります。

柄にも意味がある?

振袖などの和服に使われている柄は目を引くような柄のものが多くありますが、この柄にもきちんと意味があります。この柄の種類は大きく2つに分けられ「古典柄」と「モダン柄」に分けられます。また、その中で細かく柄が分かれていきその柄に合わせて意味も変わって着ます。今回は比較的メジャーな柄を紹介します。まずは、吉祥文様と呼ばれる柄です。こちらは、縁起の良い印の意味であり、中国の影響を受けている柄のものもあります。龍、鶴、亀、鳳凰が中国から影響を受けた柄になります。また、日本で生まれた柄は橘、御所車などが挙げられます。
次に、生き物の蝶をモチーフにした柄です。こちらは成人式でも見かける柄になります。この柄は、さなぎから可憐な蝶へと姿を変え点へほぼるという縁起の良い柄として使われています。このほかにも様々な柄があるため一つ一つの意味を知ると着物がもっと身近に感じるようになります。

上質な着物を豊富に取り扱っており、必要な時に希望に合ったタイプの着物をレンタルしていただくことができます。 着物レンタル365の強みについては、下見をすることができ、色柄やイメージを確認していただけることにあります。 着物の種類や季節、お召しになる日等、様々な視点からお客様に似合うお着物を往復送料無料でレンタルをしております。 徹底サービスの振袖レンタルは【着物レンタル365】をチェック