振袖の柄の種類にはどんなものがある?

振袖の柄の種類にはどんなものがある? はコメントを受け付けていません。

振袖には大きく分けて「古典柄」「新古典柄」「モダン柄」の3タイプがあります。それぞれに特徴や印象が違うので、知っておくと買うときやレンタルするときに役立ちます。折角の晴れ姿、是非自分に合う柄を選びましょう。

古典柄の特徴

古典柄とは、その名の通り着物の伝統に沿った柄のことです。桜や梅、椿と言った花、鳥、扇といった模様が多く、打ち出の小槌のような宝物をあしらった柄もあります。おめでたい、縁起の良いとされる吉祥文様や、中国から渡ってきた有職文様なども古典柄の定番です。
古典柄の振袖は、着物の全体に模様が置かれているので、着てみるとレンタルでも非常に華やかに見えます。結婚式や成人式などのお祝いの場に特に相応しい柄と入れるでしょう。また伝統的な柄なので流行に左右されないと言うのもポイント。長く使えるので、母の振袖を娘が着る、といったこともできます。
古典柄の模様には意味が込められています。何が良いか迷ったら、柄の意味から振袖を選ぶというのもいいかもしれません。

新古典柄の特徴

名前からイメージできる通り、新古典柄は古典柄がベースになったデザインです。着物の全体に柄が配置されている古典柄とは違い、新古典柄は柄が袖や裾の一部分にだけに入っています。グラデーションを取り入れたデザインが多いのも、新古典柄の特徴です。
華やかな印象の古典柄や、個性が際立つモダン柄に比べ、新古典柄はすっきりとした大人っぽい印象になります。柄が主張しすぎることがないので、上品な雰囲気に。振袖だけれど、大人っぽくまとめたいという人には最適なデザインと言えるでしょう。結婚後は振袖の袖を切って訪問着にしたいと考えている場合も、新古典柄はおすすめです。柄にもよりますが、セミモダンの大人っぽい着物にすることができます。

モダン柄の特徴

古典柄、新古典柄と大きく印象を変えるのがモダン柄です。伝統的な文様を取り入れた古典柄とは対照的に、その時々の流行を取り入れるのがモダン柄です。
モダン柄の着物はそれこそ多種多様です。薔薇をはじめとした洋花を取り入れたものや、幾何学模様を描いたもの、動物柄やハートといったこれまでの着物にはなかったモチーフを取り入れたものまであります。
流行を取り入れるという点から見ると、モダン柄の着物は長く着るには向いていません。しかし他にはない振袖を着たい、というときは最適なデザインと言えるでしょう。デザインの幅が広いため、レンタルでも可愛らしいものからクールな印象のものまで、自分の希望に合ったデザインを見つけることが出来ます。