結婚式のお呼ばれには振袖で華やかに

結婚式のお呼ばれには振袖で華やかに はコメントを受け付けていません。

振袖は、着物の種類の中で未婚女性の礼装とされています。最近は、結婚式へ招待された時に、和装で出席をする方も少なくなりましたが、振袖を着ていくと雰囲気も華やぎます。レンタルした振袖で結婚式へ出席するメリットをお伝えします。

実はたくさんある着物のメリット

最近は「着物」が見直されつつあり、花嫁衣裳でも「和装」の人気が高まっています。結婚式のゲストとしてお呼ばれしたときに振袖を着ていくと、その場の雰囲気が華やかになります。それ以外にも、着物は日本人の体型に合わせて作られているので誰でも着やすいことや、長い間着ることができるなどのメリットがあります。
着物の種類や柄によっては、着る人の年齢を選ばず同じ着物で、いくつもの着こなしが可能です。半襟や帯揚げなどのアイテムを変えたり、違う帯を締めれば同じ着物でも印象が変わります。また、お母様が着ていた着物を娘さんが着ることもできるなど、ひとつの着物はコーディネートを楽しみながら何度でも着ることができるなど経済的にもメリットがあります。

振袖の種類と格式

振袖は未婚女性の第一礼装です。振袖は「大振袖」「中振袖」「小振袖」と袖の長さで3つに分けられます。「大振袖」は袖の長さが約115cmで最も格式が高い礼装になります。「大振袖」は花嫁が着用する場合もあるので、結婚式のお呼ばれでレンタルの振袖を着る際は花嫁と被らないように注意が必要です。
「中振袖」は袖の長さが約105cmで「大振袖」の次に格式が高い未婚女性の礼装です。「小振袖」は袖の長さが約85cmで礼装の中でも気軽に着用できますが、最近はあまり見られなくなってきています。
背中心、両胸、両袖の外の5つに「紋」がついている5つ紋が正式なスタイルですが、3つ紋や1つ紋の略式のスタイルもあります。また、格調高い絵羽模様が振袖の特徴です。

結婚式にお呼ばれした時の着物のマナー

日本では、四季の移り変わりや植物、虫や鳥など繊細な色彩の変化を感じ取り、同じ「赤」でも朱色や緋色、紅色など豊富な色があります。結婚式にゲストとしてお呼ばれした時に着る振袖の色に特に決まりはありませんが、花嫁衣裳の白無垢とかぶる「白」「クリーム色」や、親族の黒留袖とかぶる「黒」は控えたほうが良いでしょう。
柄や素材は特に決まりはありませんが、季節に合ったものを選ぶことが望ましいとされています。基本的に花嫁衣装とかぶったり目立ったりしなければ、色も柄もあまり問題はなく、季節に合ったものや、おめでたいとされている柄を選ぶようにすると良いでしょう。
また、準礼装で袖が60cmと短い訪問着は未婚や既婚に関係なく着ることができるので、結婚式のお呼ばれには便利です。
おめでたい結婚式の日は、着物のルールやマナーを守ってお祝いをしたいものです。